美容院によく通うようになって変わったこと

美容院に行くことが好きな人・嫌いな人どちらもいると思いますが、わたしは美容院に行くことは好きなので比較的頻繁に通っている方だと思います。

高校を卒業してからカラーをしたことが美容院に行く頻度が高くなったきっかけでした。自分が不器用なのがわかっていたので、市販のカラー剤で染めることはせずに美容院で必ず染めていました。

また、学生の頃に明るい髪にすることの憧れが強かったのでどんどん明るくしていき、定期的にリタッチをしないとプリンが目立つようになっていたこともよく通っていた要因の一つでした。

そしてよく通うようになると担当の美容師さんに髪の悩みなども話せるようになっていき、髪をきれいに保つためにはどんなことをしたらいいか、ケアの方法やクセの出にくい方法など様々なことを教えてもらえるようになりました。

様々な方法を試していくうちにちょっとずつ自信も持っていきました。

もともと外見にコンプレックスを抱いていて、写真や映像に撮られるのも苦手でした。なので少しでも写った自分に対して嫌悪を抱かないようになるための一歩が”髪”でした。

髪に気を使うようになったら、必然的に服装や化粧も気になってくるので結果として全体的な雰囲気が変わったことに繋がりました。

髪をきれいにしてくれる美容院は、内面の中で一番外側の部分をきれいにしてくれる場所だと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加